採用情報 採用情報

社員インタビュー 春日 千広 社員インタビュー 春日 千広

Q1 現在のお仕事内容はどういったものですか。

工事主任として、現場管理をやっています。建築現場には、電気工事士以外にも、施工関係の大工さんや設備屋さんなど、様々な業種の方たちが働いています。そのような複雑な現場で、電気工事を滞りなく進めてゆくためには、他業種の方たちとうまく連携を取りながら、自社の配線作業をマネジメントする必要があります。スケジュールや人の管理というのは気苦労が多いものですが、その分、工事完了後に電気がぱぁーっと華やかに点いたときの喜びはひとしおです。 ときどき、お客様から直接「ありがとう」と声をかけていただくこともあり、それもすごくうれしい瞬間ですね。 また、現場では、電気以外のことも把握していないといけませんが、まだまだ知らないことも多いため、よその職人さんから貴重な教えをいただくことがあります。これも現場管理ならではの仕事の魅力だと思っています。

春日 千広

Q2 新井電気工業に入社してみて感じることは?

同じ業種の中でも新井電気工業は若い人が多く、とても活気がある会社だと思います。また、社員旅行や家族慰安会、飲み会など、会社主導のイベントがとても多く、社員のコミュニケーションをとる機会が豊富にあるところも気に入っています。 とくに2年に1度の社員旅行は毎回豪勢で、海外ならカンボジアや台湾、タイ、グアム、国内では、九州や沖縄など、内外問わず積極的に出かけています。

春日 千広

Q3 この仕事にたずさわって感じることは?

入社10年目ともなると、プライドをもって仕事をする意義をひしひしと感じるようになります。 「仕事は何をしているの?」とよく聞かれますが、そんなとき、たいがいは「電気工事です」と答えて終わりますが、ときどき「どこの会社?」とつっこまれます。 すかさず「新井電気工業です」と答えますが、ほとんどの方から「ああ、新井さんね」と言ってもらえます。 自分の働く会社が、世間に広く認知されていることに誇りを感じる瞬間でもありますが同時に、会社の看板に恥じない仕事ぶりができているか、自問自答するよい機会にもなっています。

Q4 入社したい人に伝えたいことはありますか?

経験未経験にかかわらず、やる気を汲んでくれる会社なので、向上心があればチャンスを与えてくれるとてもフェアな会社だと思います。

「春日 千広さん」はこんな人 「春日 千広さん」はこんな人

横内さんより

横内さんより

入社した時にいちばん最初に就いた人だったので、そのころからずっと憧れの先輩です。この人についていきたいといつまでも思わせる「永遠の先輩」は、今のところ春日さんだけです。

北澤さんより

北澤さんより

人一倍、行動力と実行力を持っている傑物です。私はものすごく尊敬しています。

六波羅さんより

六波羅さんより

感情を豊かに表現できるところがうらやましいというか、いいなあと常々思っています。困ったときは素直に困り、怒るときは素直に怒る、そういう人間的なところがとても素敵だと思います。